ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 9月29日  虚偽無窮。
                                                                    
  前回、反転式の能力を十分発揮していないとした観点から、この原因を彼是と考え過去の映像と比較検証していると、一つにはシュートへと移るタイミングが極一瞬でも遅いのではないかと疑い始めていたが、ロッド、ラインと違う箇所も多く今一つ確信出来ずにいるも、このタイミングは可能な限り早めるのも方策の一つとして検討の余地は十分ある。

  また、万一遅れているとするならば、やはり現在にネス型と勝手に言っている動作の大きいキャスティングフォームにも一理ある様に思えてしまったが、実際シュートへと移る時には水面を剥がれるヘッドの水飛沫を目で追いタイミングを計っており、原因は他にあると探っている内に発覚した箇所が下の画像に現れ曲線部分と直線状の部分と明らかに分かれている。
f0084561_10385215.gif

  これは腕の軌道を如実に再現しており、曲線部分でスィープした後に腕を振り上げると言った2段モーションの様になった結果、これらの境界は折れ曲がり、自転車等による交差点の二段階右折の如く遠回りした分、シュートが遅れているとも考えられる。
  ところが、その他の映像を見ていても何故かこの傾向は右のキャストに限られ左のキャストには殆ど現れていないのが少々不思議であると同時に何か納得が行かないのだが、確かに滑らかな動作と言う点では左のキャストが意外と勝っている印象もあり右のキャストは何処かに違和感が残るのはシングルハンドも同じで酷く蔓延る悪癖が未だ顔を覗かせる。
f0084561_1039916.gif

  それにしても、これらを毎回忠実に映し出す映像とは恐ろしくもあり、頼もしくもあって決して嘘は付かない。
  何故かここから、古き昭和の時代に流行した 「 インディアン、嘘付かない。」 と言う言葉を思い出し、ふとユーチューブから探していると・・・、こんな懐かしい曲を発見!。(笑)
  



  
[PR]
by hisuycast | 2009-09-29 10:42 |   修   行 ( 両腕 )
<<  9月30日  里山の毒牙。  9月27日  突然変異からの因縁。 >>