ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 9月19日  必然と偶然の画策。
                                                                    
  すっかりと秋らしく過ごし易くなった関東地方、これと共に日没時間も早まり、先日はまた少し起床時間を早め毎度の練習場所へと出向くと些か気掛かりだった鮎取りの混雑も皆無で広い川原一面は概ね貸切り状態だった。
f0084561_13361781.jpg

  ダブルハンドによるネス型+反転式の練習は前回通り、ピンクレディによるUFO~!の振り付けを強く意識した動作を取り入れる事によって改善の方向へ向かっているのは確実。
  そして、この操作を疎かにさせる心理状態としては投げ急ぐと言うか、両腕を高く振り上げる事からシュートが遅れてしまうのではないかと言った意識が働くと何処かには省略、或いはショートカットさせてしまうらしい。
f0084561_13365544.gif

  これらは、後日にキャスト映像を見る限り、この操作自体は予想外の早い段階に身に付いていたらしいのは上の画像にも現れており、Dループは大凡真後ろを向いていたのだが、当日はこれに気付かずにいたのはDループの垂れ下がると言った観点では改善されていなかった点だった。

  これは、単にUFO~!では未だ不完全であって結局は反転式の未知と直面して正常な判断をも見失ったまま一日を終えてしまった格好で漸く今、頭の整理が着き始めたと言った所でもある為、更にこれらを文章化するのは極めて困難、よって全く訳の解らない内容が多分に含まれている可能性も高いものの、これは今に始まった事でも無い上、こうして文章化する事によって頭の中を整理する役割を担っている。(笑)

  と言う訳で、連休期間の特別企画として?今回から来週に掛けては反転式の特集ともなる公算もあるものの、先ずは何処から手を付けて行くべきなのかも迷っているのだが、これを深く考えてしまうと筆が進まない、いや、キーボードを叩く指が動かない為、直感で進行すると先ずは先の 不完全 とは一体何処にあったのか・・・、これはヘッドを畳む位置が身体へ近付け過ぎて点に尽き、これが災いしUFO~!を通常よりも更に強く意識する必要があったと考えている。

  では何故、ヘッドを畳む位置を近付けたのかと言えば、アンカー抜けを防ぐ目的の必然性であるのが一つ、そして二つ目としては十字反転式でキャストする際には結果的にそうなってしまう偶発性が挙げられる。
  一つ目のアンカー抜け防止、これは16ftのロッドから9mのヘッドを使っている事からシングルハンド・ロッド等と同じ位置としてしまうとロッドの長さだけでもヘッドを後方へ跳ね上げ過ぎてしまい、又これがティップの強いログネスでは殊更こうした傾向にある為にロッドからの入力を弱める意図であり、二つ目の偶発性とはスナップ・Tやサークル・Cの様な十字反転式の操作によって止む無くヘッド位置が近くなってしまう事が要因となっている。
f0084561_13372174.gif

  ところが、今こうして二つの要因を今改めて考えると何れにも反省すべき点がある。
  必然的とした一つ目はアンカー抜け対策として一定の効果があったとしても理想的な位置から外れてしまい如何にも素人考えの安易な発想で後に続くシュートの事象を疎かにしていると言え、二つ目は偶発だったとしてもこの後の件を考えるのならば同じく安易で工夫が足りなかった。
  よって、今後はこれらの対策をも今一度考えて見ようと思っている。
  
[PR]
by hisuycast | 2009-09-19 13:38 |   修   行 ( 両腕 )
<<  9月21日  助走の絶対値 ...  9月16日  UFO再来!。 >>