ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 7月29日  衝動の抑圧。
                                        
  先日、ダブルハンドの練習でフローティングのAFSでも感覚を掴みつつあったものの、どうも左の反転式に関してはウェーディングが浅い場所でのアンカーは抜け気味で当日だけでは改善出来ずに課題が残った。
  そう言えば今年、今迄よりも上流の釣り場を求めると、川上寄りから風が吹く事の多い午前には右岸側で釣りをしている機会が圧倒的に増えてしまい左の反転式を使う状況も少なかったのだが、これは幸いだったか、それとも不運だったのか。

  そこで真横から撮影した映像を確認して原因を模索していると結局はスィープの動作が不完全でヘッドを畳み終えた後にロッドを引き付ける位置が若干高い印象がり、更に致命傷であるのは水平に引く区間が短く腕を早めに振り上げてしまっている事が判明し、ネタ的にも毎度の連続写真としたはいいのだが、パソコンの動作が鈍くなり不評をも招く。(笑)

f0084561_16173779.giff0084561_1618127.gif











  少々死角ではあるものの、右の動作はロッドを最後まで引き寄せた後に腕を振り上げ、丁度ヘアピン・カーブの様な軌道を描いているが、左では僅かに引いたのみで直ぐに振り上げてしまっている為、動作も一つ不足していると言った印象でコマ数を合わせるにも苦労する。(笑)

  よって、左では右の動作から描かれた曲線もショート・カットした形の尖った軌道を描いてヘッド後半も舞い上がり気味となり、アンカーも抜け易いのは過去にも散々取り上げて来た基本操作でもあったものの、それが出来ない心理状態としては 投げ急ぐ 意識が働いてしまうのだと思う。

  これらは反転式の原型であるダブルスペイでは殊更起こり易く、ここに共通するのはロッドを身体とは反対方向に切り返してシュートすると言うキャストでは逸る衝動を抑える我慢も必要と感じるも、性格的にも短気である事からか、どちらも難しいキャストの部類に入っている印象がある。
  
[PR]
by hisuycast | 2009-07-29 16:25 |   修   行 ( 両腕 )
<<  7月30日  力学か、構造学か。  7月27日  前引き、後ろ引き。 >>