ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 7月15日  梅雨明けの本流に何を思う。
                                       
  シングルハンド・ロッドを一通り楽しんだ先日の午後はログネスを取り出し購入から半年近く経過していたRIO社のAFS10/11・フローティング(640gr)を使う機会を漸く得た。
f0084561_1795828.jpg

  嘗て、RIO社のスカンジナビアンSTヘッド等の製品誤差には 困りモノ ではあったが、最早それらは過去の事となったのか、このAFSフローティングは他のインターミディト、タイプⅣに倣い後端4.8m程で切断すると23~24gと略同等の重量となり、この商品への個人的信頼感は益々高まると今回は左キャストの練習ついでに4.5m、12gのティップを接続して釣りをしていた。

  当初、全く問題なかったキャストは、やがて流れに深く立ち込みランニングラインを掴みながらの動作に移る頃、シュートは俄かに失速し始め、やがては全く飛距離が延びない状態になるとフローティングでは比重の関係上で重量不足なのかと言う疑問が湧き、一旦試しに右へ切り替えてシュートとすると全く苦にしない事から、左のキャストには未だ問題点が多かった痛感させられる結果となった。

  確かに、昨年まで使ったフローティングの場合、その本体分の重量は実に30gもあり、ここから7g、6gも軽量化してしまうと自重を利してシュートすると言った誤魔化しが効かない状態になってしまったのは、軽いフローティングラインでは直線的にスィープした後、半円を描いてのDループ形成が不完全であって、この所使っていたインターミディトやタイプⅡのヘッドは扱いも簡単だったとも言える。

  そして、フライフィッシングのキャスティングフォームは非常に繊細で簡単に崩壊するのは様々な球技、競技と共通する スポーツ の一種でもあるのが魅力でもあり、ここで妥協せず今後の課題の一つと決めていると、昨日には関東甲信地方にも等々気象庁から例年より早い梅雨明けが発表されてしまい、本日の予想最高気温は35℃や36℃と早速の酷暑に見舞われた。

  よって次回からはキャストの練習に専念しようと思いつつも昨年まで呆気なく行えた頭の切り替えが、何故か今年に限っては今一つ出来ずにいるのは、幾分余裕が生まれたのか、それとも結局は単にお魚釣りが好きだったのか・・・・・。
f0084561_17221174.gif

  何れにしても暑過ぎる。(笑)
  
 
[PR]
by hisuycast | 2009-07-15 17:23 |   修   行 ( 両腕 )
<<  7月16日  上と下の均衡。  7月13日  渓を忍ぶ本流。 >>