ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 3月11日  主導権。
  以前のダブルハンドによる練習で、背後から見たロンチポジションのロッド角度が垂直に近過ぎる傾向が見られた事、又ネス・スタイル型でこの角度を自在に変化させる方法を考えていたが、これも数日前の夜、何気なく行った素振りから、呆気なく気付く事が出来た。
 
f0084561_17444521.jpg

  これはネス・スタイルを意識したまま横から撮影し、見事失敗に終わっていた時からも暫く気になっていたもので、では何故これまで上手く行かなかったかと言えば、上側のグリップで操作し角度を変えようと意識してしまった為だった。
  ハイポイントのアンダーハンド・キャストとも思えるこのキャスト・スタイルではスィープの主導権は飽く迄も下側のグリップが握り上側のグリップは補助に過ぎない。
 
  よって、頭の真上から振り下ろす動作に見切りを付けた今、スィープから始まるロンチポジション時の角度も下側のグリップを身体前面の何処に位置させるのかによって振り上げたロッドの角度が決まり、上グリップを右手にした場合では下グリップを握る左手を右寄りに突き出せばロッドは垂直近くになり、逆の左寄りに突き出せばロッドは斜めになると言う、たったこれだけの事に過ぎず、後にして見れば極当たり前の単純な事だった。(笑)
 
f0084561_17441193.gif

  で、これらの角度を自在に変えたシュートが出来ると一体何の得があるのかと言えば、過去にも取り上げたメンディング・キャストであり、ヘッドが着水した際の形状や角度でも右岸左岸、右投げ左投げによって意図的に変化させる事も不可能ではない筈だ。
   
[PR]
by hisuycast | 2009-03-11 17:46 |   修   行 ( 両腕 )
<<  3月14日  右岸と上流の風。  3月9日  険路の左投げ。 >>