ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 3月1日  原理、現象と鞭の音。
  ダブルハンド・ロッドによるフォーム改造は斜めに打ち出す事によって楽になったものの、撮影した映像を見てしまうと未だ課題が残り、毎回毎回、常に真実を映し出すビデオカメラには時として恐ろしくも感じてしまうが、変人にとって唯一の助言者でもあり頼もしい相棒でもある為、実は感謝しなければならない。(笑)
 
  この課題としてはロンチポジションでロッドを垂直に構えてしまう点だが、これは今迄苦労して漸く身に付けた事が一転して全くの弊害となってしまっているのは何とも皮肉な話で、これは事前に察知してはいても既に癖となってしまい一度の練習では改善出来ていなかった。

  背後から見てロッドを垂直に構えた後、斜めに打ち出すのが許容範囲を超えると跳ね上げたDループが弛み折れ曲がった箇所が生じ、これが原因となってシュート時の後方では “ パシン!” と音を出すテーリングとして現れるのだが、またしても右の反転式は斜めを意識し過ぎたあまり、一旦は垂直に構えてしまったロッドを下げた後にシュートすると言った “ 回し振り ” の様な格好となり、この嫌な鞭の様な音を聞いていたのも良くありがちなミス・キャストの典型例とも言える。
f0084561_1304891.gif

  この現象をお節介ついでに言えば某友人に対し変人が注意したシュートで身体が倒れ過ぎる点と直接原因は違っていても、その原理と現象は全く同じであり、取り敢えずこちらはスィープの操作、ロッド軌道を教える事によって改善されたから何とも羨ましい。
 
  よって今後の変人としては、ロンチポジションでは垂直には構えない点にあり、この位置は絶対に動かさない意識から真っ直ぐとやや中央に向かって打ち出す動作に改善しなければならず、次回この音を聞いた際は女王様からムチでお叱りを受けたと思えばいい。(笑)
 
[PR]
by hisuycast | 2009-03-01 13:08 |   修   行 ( 両腕 )
<<  3月4日  疑惑の判定。  2月27日  判別不能の三種。 >>