ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 1月12日  流速と立ち込み。
  昨年末、ダブルハンド・ロッドの影響からか、何時しかシングルハンド・ロッドでも腕を大きく振り上げた動作に変り始めると、これは肩の三角筋辺りへ負担が掛かると感じ正月休み中のシングルハンドではこの点を改善し再びアンダーハンド・キャスト風な小さなフォームへ戻そうと練習に取り組んでいた。
f0084561_16271098.jpg

  少し前、右に関しては斜め振りのシュートながらも上腕で振り下ろすアンダーハンド・キャスト風な動作を掴んでいた為、連休の早期からコンパクトな縦型シュートになり始めていたが、左のキャストともなると全く思う様にはならず相も変らず前腕に加え、肩までを使って押し出している感じの動作は特にダブルスペイや反転式で陥り易く、これは連休終盤には改善されつつあった。
  それでも、映像見ると未だ左の肩は前へ移る為、まだまだ不完全で他にはシュート角度が下へ叩き付ける格好になりがちな点と、シュート時にホールするタイミングが早い事に加え、動作自体も小さいのではないかと友人から指摘されている。
 
f0084561_16364286.jpg

  また右キャストは連休前半、殆ど問題がないと感じてしまっていたものの、これは季節風避け幾分風裏となる流れの速い箇所や、幾分深いウェーディングでの状態での事であり、連休後半に風が収まり普段の流れも遅く水深も浅い箇所からキャストすると何か勝手も違い突然狂い始め当初この原因がさっぱり解らなかったが、後にはキャストのリズムが全く違っていた事に気付いた。
f0084561_16283783.jpg

  流れの速い箇所、ウェーディングが深い場所ではシングルスペイにせよペリーポーク系にせよリフトからスィープ、ロンチポジションからシュートのタイミングが少し早めの傾向となるが、流れの遅い場所やウェーディングが浅い場合では動作はゆったりと遅い方がキャスト動作は上手く機能するのは短いシングルハンド・ロッドが顕著に現れるのだろう。

  流れの速い場所からはシングルスペイ系によってキャストするとラインが流れによって下流へと引っ張られる分、リフトからスィープは小さい動作から楽に素早い動作となり、またペリーポーク系のキャストでは水面に乗せたラインが早く流されてしまい早めにスイープしなければならず、更に両者に共通しているのがアンカーは常に流れを受けキャスター側に向って来る為、縦型シュートにも都合が良かった。
f0084561_1629396.jpg

  一方、ウェーディングが深い状況ではシングルスペイ系、ペリーポーク系の何れもロンチポジションからのシュートを早めに操作させなければDループ下側が水面と多く接触しラインが失速する事態を招くのではあるが、変人としても流れ無い場所よりは少し早い位の躍動的な流れを好む上、ウェーディングも深い方が好きであったりする事がキャストにも現れてしまうのかも知れない。
  
[PR]
by hisuycast | 2009-01-12 16:37 |   修   行 ( 片腕 )
<<  1月14日  水平引と縦半円。  1月12日  新年の本流。 >>