ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 1月9日  見毛相馬。

  さてさて、大変長らくお待たせ致しましたが、インターネットの世界にも復帰しました。(笑)
f0084561_1725888.jpg

  8日間もの長い正月休み、この殆ど練習に注ぎ込むと苦手としていた右の十字反転式からのネス・スタイル的な縦型シュートも漸く感覚を掴みつつあり、過去この動作でも、やれ 「 ピンクレディのUFO 」 だの 「 ダスティローデスのエルボー落とし 」 だのと奇怪な操作を考えていたが、最週的に鍵を握るのはスィープ時のアンダーグリップ側の操作に尽き、事によっては7割~8割を占め、その他の動作は補助的操作ではないかと思えていた。

  スィープではアンダーハンド・キャストのハーフサークル風に下のグリップを斜め下に向けてグィと突き出し、その反動を利して、そのまま 「 C 」 の字を描く様に上昇させる意識を強く持つ事によって剣道で言う 「 上段の構え 」 の様な体制に自然と移り易く、かつシュートでも押した後の反動から “ 引き ” だけに徹する事が出来る。





f0084561_15553438.gif










  画像のMr. アームストロングもアッパーグリップ側の腕が伸びていても ” 押し出し ” は精々シュート終盤のフォロースルー程度で略支点とし、主な原動力は下のグリップで引き付けている筈、決して見た目程疲れるキャスト方法でもない。

  斯く言う変人も、嘗てこのネス・スタイルなるキャスト法を始めて見た時には単に力任せに飛ばしている様にも見え全く興味は無かったが、実は繊細で高度な技術をも要求される楽なキャストでもあった。

f0084561_17253893.giff0084561_17255469.gif










  よって最早これ、 “ ハイポイント型のアンダーハンド・キャスト ” と例えるのは少々乱暴だろうか。
 
[PR]
by hisuycast | 2009-01-09 17:28 |   修   行 ( 両腕 )
<<  1月12日  新年の本流。  1月2日  謹賀新年。 >>