ダミー
Top


HP”飛翠cast”の日誌。                                     
by hisuycast
  大震災の被災地を救おう!。

 作者 鴇崎 周蔵


  「 飛 翠。」 伝承者。 
   昭和40年生れ。
   埼玉県在住。
  


      message board

L i n k s ( weblogs )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 slow fishing
     & photodesign
 気ままにキャスト
 赤帽札幌ピジョン
 flyfifher’s eye
 Best Cast!
 Light steps
 Drag-Free Drifts Ⅱ
 我楽駄@備忘Log
 slip away
 やまめ研究所
 Study to be Quiet
 鶴造!魚も釣るゾウ!
  X - r i v e r 
  株  と  釣  り  
  MobyDick  &TheRiverSideDog
  西洋毛鉤振り  


L i n k s ( homepages )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  akaさんのHP



札幌赤帽ピジョン HP





アクロイド!、工房へ。


ガソリン価格比較サイト gogo.gs

カテゴリ
全体
  修   行 ( 両腕 )
  修   行 ( 片腕 )
  釣   記
  山 女 魚
  回   想
  仕   掛
  改   造
  毛   鉤
  擬 餌 針
  自   然
  利 根 川
  右環指挫滅創
  其 の 他
未分類
検索
以前の記事
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
more...
タグ
(203)
(169)
(118)
(110)
(70)
(51)
(43)
(43)
(34)
(32)
(30)
(17)
(16)
(12)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
(3)
その他のジャンル
 
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
.....................
 12月30日  画竜点睛。
  ログネスによる反転式でのアンカー抜け対策も先日の練習によって進展を見ていた。
  これは、前回に早めていたオーバーハングをリリースするタイミングを今回は更に早め、ヘッドの折り畳みからロッドを倒す操作と略同じか、ロッドを倒し始め直ぐに一旦ホールドしたランニングラインを開放するのが有効であると解った。
  そしてこの時、一瞬空に舞うヘッドは映像で見ると見事な半円形を描くと、嘗て同様に行っていた感触も蘇っていた。
f0084561_14345419.gif

  しかしながら、長くティップの硬いログネスにとって、実際上これだけでは未だスィープによってヘッドが舞い上がり過ぎアンカーが抜け気味になる事も多く、当日はこうした成否の分かれる要点がシュートへと移るタイミング以外は全く掴む事が出来なかったが、後日、左でキャストした中に幾つかは理想的なスィープとなっている映像があり、ここから失敗したキャスト映像と比較しているとヘッドを着水させる位置、角度も違ったが、特にはロッドの角度が違う点に着目し、この時ではロッドを水平付近まで倒している点に気付いた。

  恐らく、これによってオーバーハング部分に弛みが出る、若しくは水面との接触時間が僅かでも長くなり、この位置も手前寄りなった事によってスィープからヘッドの舞い上がりを最小限に留めたまま弾き返す事が出来たのだろうと思えた。
f0084561_14352785.gif

  ところが、実はこの件も予め想定していながら中々ここまでは気が廻らずにいた。
  それは、他ならぬ縦型シュートへの改良にあったと思われるも、事ロッドを倒せない要因に関しては最終的に振り上げる長く重いロッドを一旦水平まで倒す動作は面倒、疲労する為、何時しか知らず知らずの内に回避すると言った防衛本能的な存在意識が働いてしまうのではないかとも考えていた。
 
  こうなると後に残るは十字反転式で、このキャストも全く同じ要因で解決するのかは些か疑問が残る。
  ダブルスペイと同じく真っ直ぐリフトする反転式に対し、スネーク・ロールやスナップ・Tの如くヘッドを跳ね上げてリフトする十字反転式は、ヘッドの着水地点が手前に寄り過ぎる傾向にもあり、事によっては更に一工夫するが必要あるかも知れない。
 
[PR]
by hisuycast | 2008-12-30 15:40 |   修   行 ( 両腕 )
<<  12月31日  豁然大悟。  12月28日  戒驕戒躁。 >>